メンタルヘルスケア|うつ|自律神経失調症|イップス治療・レイキヒーリング・遠隔レイキ
rss

豆知識

2018

8/07

豆知識

子供の自己肯定感

親御さまから、お子様への遠隔レイキヒーリングをご依頼いただくことがよくございます。お子様の年齢層も幅があり、10代から30代の方々に行ってまいりました。「引きこもり」「不登校」「停職中」などの改善や克服を望んでおられます。親御さまのお話をメールや電話で伺うと切実な状況が伝わってきて、なんとかお力になって差し上げたいという強い気持ちが生まれます。どのお子様の状況にも共通点があり、それは自身のことを否定的になられてしまい、肯定的ではなくなっていることです。


<独立行政法人国立青少年教育振興機構(高校生の生活と意識)から抜粋>

このようなデータと、日本の子供の自殺率が高いのは関係性があるのではと考えてしまいます。もちろん、引きこもりや不登校の方をすぐそれに結びつけるのは少々乱暴ですし、かと言って、無関係ではないはずです。自己肯定感が低い方は「落ち込む期間が長い」「自分を追い込んでしまいがち」「自信がない」「良いことを素直に喜べない」などの特徴があります。人は本来、自分を肯定できるようになっているはずです。しかし、自分に望ましくない経験とそれに伴うマイナス感情が潜在意識に刷り込まれて、だんだん肯定できなくなり自分を認められなくなってしまっている方がほとんどではないでしょうか。自分を否定したり認められなくなると、潜在意識はさらに望ましくないことを現実化(引き寄せ)してしまいがちです。

レイキは、滞った体の中の氣の流れをスムーズにし、過去のマイナス感情を潜在意識レベルで癒してあげることが可能です。念のために申し上げておきますが、レイキはマインドコントロールや洗脳と言ったものとは一切無関係ですし、逆にそんな力はありません。時間をかけてヒーリングを受け続けることで、心や体が根本から癒されていきます。その結果がその方の心や行動の変化に表れるのです。過去のつらい出来事で苦しんで後ろ向きになっていれば、それは自然に前向きになれるでしょう。私はそういう嬉しいご報告をちょくちょく頂きますが、もっともっと本来の自分自身を取り戻して、夢や目標に向けて力強く歩んでいってほしいと思います。

欧米各国で医療として認められておりますが、自己成長したい方々にもそのツールとして人気なのはそういう理由からです。「引きこもり」「不登校」「停職中」などの方々の立ち直るきっかけにレイキがお役に立てればと思います。