メンタルヘルスケア|うつ|自律神経失調症|イップス治療・レイキヒーリング・遠隔レイキ
rss

潜在意識がカギ

潜在意識がカギ

脳の90〜97%を占める潜在意識とは?

潜在意識「潜在意識」。
なんとなく聞いたことある言葉だけど詳しくは知らない、という方がほとんどだと思います。
実は、すべての方の思考や行動にとても深くかかわっているのが潜在意識であり、この潜在意識をご理解いただくことで、レイキがなぜ人々に役立っているのかもより納得いただけると思いますので、ぜひ一読いただければと思います。

意識には、「顕在意識」と「潜在意識」がありますが、顕在意識とは、考えたり、悩んだり、決断したり、不安になったり、欲求したりなどと、私たちが自分で意識的に思い込むことができる、いわば表面的な意識のことを指します。そして、日々の暮らしや仕事をする上では、この顕在意識の働きが大きく関わっています。
一方、潜在意識とは、私たちが普段、無意識のうちに感じている意識のことを指します。顕在意識が脳の中で3~10%だけ占めているのに対し、潜在意識が占める割合は90~97%と圧倒的な差があります。顕在意識(自分で思い込む意識)と潜在意識(無意識)、この2つの意識はつながっていて、普段、同調して一つのもののように働くこともあれば、別々な働きをする場合もあります。人は、顕在意識をコントロールし、潜在意識を制御していますが、両者にズレが生じたとき、強力な潜在意識が表面化してきます。これらはよく氷山に例えられます。
顕在意識(海面上に見えるもの)が一見全てに見えがちですが、海面下には潜在意識(本体)が隠れているのが現実です。

過去の経験と感情が影響している

赤ちゃんの頃は、「泣く」「怒る」「嬉しい」など、ただ感じるままを表現する潜在意識優位の状態であり、立ち上がるのを何十回失敗しても、ネガティブになる赤ちゃんは存在せず、諦めることなくチャレンジし必ず目標にたどり着きます。ですが、大人になるにつれ経験を重ね、たくさん学び人格の基礎が作られると、顕在意識が優位の状態に変わってきます。
潜在意識には、過去の経験と感情がセットですべて貯蔵されていて、過去のネガティブな経験や感情が残っていると、自分の考えや意思とは違うことが起きてしまいます。

例えば、

    1. 子供の頃の出来事が原因で運動神経にコンプレックスがあるが、大人になっても大事な試合になると緊張する。
    2. 会社のプレゼンでの過去の失敗経験はすでに整理できているが、いざ、人前に立つとあがってしまう。
    3. 過去に泥棒に入られた時の恐怖心があり、大丈夫と分かっていても一人で家にいると眠れない。
    4. 「再婚したい」と思うが、過去の結婚での悪いイメージが払しょくされず、なかなか前向きになれない。
    5. 体に悪いし「タバコをやめたい」と決心していても、つい我慢できなくなってしまう。

これらは、すべて心の奥にある潜在意識が悪い意味で影響しているために起きています。顕在意識でいくら前向きに頑張ろうとしても、潜在意識で「できない」「そんなの無理かも」というネガティブな感情や思いが支配していると、それらは現実化してしまいます。一方、潜在意識からネガティブ感情が浄化され減ってくると、今度は潜在意識の影響が良い方向に働きはじめ、次第に思考もポジティブになり、現実でも良いことが自分の身に起きてきます。

レイキヒーリングは、顕在意識と潜在意識に働きかけて心や感情を癒すことができます。仕事やプライベートでの過去の苦い経験が無意識のうちに邪魔し、思うようにいかなかったり、トラウマになっていたり、強いストレスを感じたりしあなたを苦しめているかもしれません。ですが、その部分を根本からヒーリングしてあげることで、心は自然体でいることができ、軽くなり、悪循環だった歯車は好転していきます。常に私たちに関わっている、顕在意識と潜在意識。少しでもご理解いただければと思います。